国内外のブラウザシェア率を知りたい時に使うサイト

以下は私がブラウザのシェア率を知りたい時に参考にしているサイトです。いずれも有名なサイトなのでご存知の方ばかりでしょうが、これからはじめてそういった情報を収集するという人向けに。

IE6 COUNTDOWN

マイクロソフトIE6の公式カウントダウンサイト。2014年サポート終了へ向けて終息を向かえるIE6の世界のシェア率が確認できます。

Net Applications

ITmedia エンタープライズとかマイナビニュースなどでお馴染みです。40000のウェブサイトからの統計を元にした利用シェアデータです。

使い方

国内のブラウザ利用状況を知りたい時は、画面中央部にある「Country Filter」で”Japan”を選びます。

その後、ブラウザごとのバージョンを知りたい場合は「Browsers」から”Desktop Share by Version”を選びます。他にもモバイルのブラウザ利用状況なんかも確認できます。

StatCounter

ウェブ系ブログなんかのブラウザシェア情報元として目にすることが多いですね。アクセス解析ツールStatCounterを使用する300万サイトのヒット数から統計を算出しています。

使い方

国内のブラウザシェア率を確認する時はグラフのすぐ下にある「Region」から”Japan”を選びます。

ブラウザのバージョンを知りたい場合は、「stat:Browser」から「Browser Version」を選べばOK。モバイルのブラウザ利用状況など色々な条件でデータを確認できます。

CLICKY

アクセス解析ツールCLICKYのデータを元に統計を算出しています。

使い方

国内のブラウザ利用状況を知りたい時は、画面左にある「Global」をクリックして”Japan”を選びます。

ブラウザのバージョンや各条件別のデータを確認したい場合は、左サイドメニューから項目を選択します。例えば、IEのバージョン別統計が見たい場合は「Internet Ecplorer」、モバイルのブラウザ利用状況を知りたい場合は「Mobile web browsers」など。

データは参考程度に

ブラウザシェア率は完全ではない

上記のサービスを利用してみると分かりますが、それぞれの統計データは独自に集計している結果なので、値は異なります。ただ、どのブラウザが広く使われているのかなどの傾向はほぼ同様な結果になるので、数値をいるというよりは傾向を確認するために使うのが良いと思います。