jQueryを勉強する

jQueryを使わない、という選択肢はない

ページに入れ込むスライドショー、タブ、先頭へボタンなど多くの動的要素はjQueryで簡単に表現できます。プラグインがあればそれを読み込んであげるだけ。ちょっと動きを変えたければ、希望の通りにカスタマイズするだけ。簡単に色々なことが表現できるjQuery。使わないなんて選択肢はあり得ませんね。

使うために勉強する

これからjQueryを勉強したいという人向けの情報がネットにはたくさんあります。自分も勉強をjQueryの勉強をはじめた時にはたくさんのサイトやブログを歩き回って勉強しました。その中から、今回はとても分かりやすかったサイトやブログさんをご紹介したいと思います。

ノンプログラマーのためのjQuery入門
slideshare。全172ページだけどスイスイ進めた。読むだけなら実質30分掛かってない。スライドショーつくると理解が早かったです。
CSSは分かるけど jQuery は苦手 … という人が jQuery に親しんでくれるといいなーと思って書きました
ウェブデザインレシピさんが書かれている記事。何も知らずに読もうとすると”難しい書物を読む感じ”に気負い過ぎて最後まで読めなかったんですが、上記のスライドを見た後に見てみると、実はとても優しく書いてあって”思ってたよりも簡単かも”って感じでスラスラいけました。
jQueryコーディングの基本的なことからプラグイン化までの注意書き(Webデザイン)
同じくウェブデザインレシピさん。基本的なところを理解できたら続いて目を通すといいですよ。大事なところは、発動タイミングの記述、eachとthis。
ポンクソフト
JQueryのサンプルプログラムを真似て作って遊ぶだけ。シンプルで分かりやすいものばかりなので、先に挙げたサイトで勉強してからくると、「あ~なるほどね、これがこういう仕組みなんだな…笑」といった具合に明確に分かると思います。

jQueryを実際に勉強するまでは、javascript自体に苦手意識があったので「javascriptが分からない自分には難しいだろうな」と思っていましたが、javascriptよりも意外に楽しく勉強することができたなぁ、というのが個人的感想です。その後、再度javascriptの本を読み返してみたりして、そちらの勉強も出来たことなんかはいい思い出です。