WordPressの便利な機能の1つに、サムネイルの自動生成があります。あらかじめ設定したサイズに自動でリサイズしてくれるわけですが、運用開始後に途中でサイズを変更したり追加しても、それ以前に登録した画像には新しいサイズの画像生成が適用されないんですよね。

そんな時に便利なのが、「regenerate-thumbnails」というプラグイン。これを使うと、登録済みの画像から新しいサイズのサムネイル画像を簡単に生成できちゃいます。

regenerate-thumbnailsプラグインの使い方

まずは上記プラグインをWordPressで有効化します。有効化したら、ダッシュボードの左メニューのツールRegen. Thumbnailsと進みます。
012

設定画面に変わりますので、Regenerate All Thumbnailsをクリック。
022

メディアにある画像を現在定義されている各画像サイズに生成してくれます。
032

バーが100%になれば完了です。
042

あとは普段通りにテーマや投稿で新しい画像サイズを呼び出すだけ。本当なら「新しいサイズで画像を再作成→メディアに登録し直し」という作業がクリック数回で済むので便利ですよね。

ただし、1つだけ注意点があります。テーマ内でpost_thumbnailなどで画像を呼び出している場合は、そこの修正だけ(サムネイルサイズ名が一緒ならそのままでOK)ですが、例えば下図のように投稿内で画像パスを記述している場合は、場合によってはサイズの個所を修正してあげなきゃいけないかもしれません。
051

画像サイズを再定義する際に「修正が必要な個所が発生するか」「修正すべき個所がどこか」を事前に確認し、できるだけ修正しないで済むように、もしくは修正工数が少なくて済むように検討しましょう。