WordPressサイトで投稿内に画像を設置する場合、一般的には投稿画面のメディアを追加をクリックして画像を登録したり、ダッシュボード左メニューのメディア新規追加という手順になります。

ですが、画像の枚数が多いとそれも面倒だったり。もちろん、メディアに追加で複数の画像を登録することはできるんですが、1枚1枚を登録するのに時間が掛かるわけです。そんな時は、FTPから直接アップロードした画像たちをダッシュボードから一括同期できる「WordPress Flash Uploader」というプラグインを使うと幸せになれます。

WordPress Flash Uploaderプラグインの使い方

まずは上記プラグインをWordPressで有効化します。有効化が完了したら、ダッシュボードのメディア→Sync Media Libraryと進みます。
011

はじめて利用する場合、以下のようなメッセージが表示されます。和訳すると「初めて同期を行う場合は、最初にuploadフォルダとデータベースのバックアップをしてください。バックアップを行ったらこのメッセージを無効にしてください。」という感じ(指示に従ってuploadsフォルダとデータのバックアップを取っておきましょう)。
021

バックアップを取ったら、Synchronize Media Libraryをクリック。
031

画像の枚数によりますが、同期までに多少の時間が掛かります。終了すると「No invalid library entries found.」(無効なメディアライブラリエントリは見つかりませんでした。)というメッセージが表示されます。
041

完了画面です。Current statusの個所の「Files only media library」の値が0になっていれば、同期できてないファイルはありません。
05

画像枚数が多い時以外にも、グループごとにフォルダを分けておきたい、なんて時にも使えたりします。
06

サイト製作中の段階で使う機会が多いプラグインだと思いますので、サイト公開後に不要ならば削除しておくといいですよ。