Google XML Sitemapsプラグイン

Google XML Sitemapsプラグインの使い方

プラグインをインストール&有効化したら、ダッシュボードから設定XML-Sitemapと進みます。
1408020848

設定画面上部「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL」という項目に記載されているURLがサイトマップのURLになります。クリックするとサイトマップが表示されるはずです。
1408020854

サイトマップが生成できたら、あとは設定を行えば準備は完了です。設定内容は、運用方法や更新頻度等の環境によってそれぞれ違ってきます。以下は当ブログで行っている設定です。

各種設定

基本的な設定

いくつかの設定項目がありますが、ウチではページの更新や投稿の通知に関する設定のみ行っています。Googleに通知、Bingに通知、サイトマップのURLを仮想robots.txtファイルに追加、へチェックを入れてます。
1408020901

追加ページの設定

WordPress以外のURL(例えば親サイトとか)を、サイトマップに含めたい場合に触ります。特になければスルー。
1408020901_2

投稿の優先順位

デフォルトではコメント数の多いページを優先する仕様です。ウチでは後述する「優先順位の設定」でページごとに定義しているので、ここでは優先順位を自動的に計算しないにチェックを入れてます。
1408020902

Sitemapコンテンツ

サイトマップに含めるページを指定できます。アーカイブページと投稿者ページ以外はサイトマップに入れるように設定してます。
1408020902_2

含めない項目

サイトマップに含めないカテゴリーや投稿を指定できます。特にない場合はスルーでOK。
1408020902_3

更新頻度の設定

サイトマップに含まれる各ページの更新頻度の目安を定義します。クローラがその設定を参考にするようですが、ざっくりとで問題ありません。
1408020903

優先順位の設定

各ページの優先順位を0.0(低)~1.0(高)の値で定義します。ウチの場合は、投稿者ページは作らないので優先度0.0、固定ページも「当ブログについて」「お問い合わせ」など、コンテンツとは実質関係ないページなので0.2としています。
1408020903_2

設定を終えたら、生成したサイトマップのURLをGoogleウェブマスターツールへ登録しておきましょう。これで、Googleへのインデックスがスムーズになるはずです。