sitemap.xml Editor

sitemap.xml Editorの使い方

上記リンク先へ飛ぶと、sitemap.xmlを作成するために必要な情報を入力するフォームがあります。
140726_1825

以下を参考に、各フォームに情報を入力をしてください。

PCサイトマップ(sitemap.xml)を作成
sitemap.xmlを作成したいサイトのドメインを入力します。
最終更新日:lastmodの自動取得
sitemapに各ページの最終更新日を掲載するかどうか。更新日が掲載されている場合、Googleは最後のクロールよりも新しい日時の更新日が付いているものを優先してクロールします。
サイトの更新頻度
sitemapに各ページごとの更新頻度を掲載するかどうか。クローラーは、クロールしに行くスパンの目安として更新頻度の高低を見にきます。ですが、ここで設定した更新頻度の通りにクローラーが来るわけはないようなので、あまり重要ではないかも。
優先度:priorityの自動設定(HOME1.0~階層に応じて)
sitemapに各ページの優先度を掲載するかどうか。「する」を選択した場合は、相対的な優先度(TOPが1.0、下層ページは0.8)が割り当てられます。基本は「する」でいいと思います。
除外ディレクトリ
sitemap.xmlに掲載したくないディレクトリを指定できます。例えば、example.com/memberのような会員向けディレクトリがある場合は、memberと書けばそのディレクトリは除外されます。複数指定する場合は半角カンマで区切って記述します。
同一タイトルURLの除外
同じタイトルのページがある場合に除外するかどうか。パラメータの違いだけで重複したページがある場合はそれらを除外することができます。

各項目を入力後、サイトマップ作成をクリックします。すると、そのドメインに存在するURLを見に行きながらsitemap.xmlを生成してくれます。
140726_1837

sitemap.xmlの作成が完了したら、sitemap.xmlをクリックしてファイルをダウンロードしてください。
140726_1902

あとは、これをサーバーへアップしてGoogleウェブマスターツールで登録してあげればOKです。

WordPressなどの動的なサイトの場合は、sitemapを自動生成してくれるプラグインがあるので、ゼロから作る必要ってないんですが、静的サイトの場合は原則的に自分で作らなきゃいけないです。とは言っても、大規模なサイトの場合は動的なシステムで組むでしょうから、sitemapを作るにしてもそこまで労力が掛かるわけではないんですが、それでも自動で作ってもらえるのであれば便利ですよね。