以前に「WordPressで投稿者のアーカイブページを作らない方法」という記事を書いたんですが、投稿者アーカイブページが必要な場合は以下の2手順を踏むことで不用意にユーザーIDを晒す危険性を減らすことが出来ます。

  1. 投稿者名をニックネームに変更する
  2. 投稿者アーカイブURLを変更する

上記方法を順に以下でご紹介します。

1.投稿者名をニックネームに変更する

WordPress管理画面ユーザーあなたのプロフィールと移動します。画面中央付近にニックネームと項目があり、その項目内にブログ上の表示名という欄があるので、ここに表示させたい名前を入力するだけ。簡単ですね。

2.投稿者アーカイブURLを変更する

投稿者アーカイブを変更するには、「Edit Author Slug」プラグインがオススメです。

使い方は簡単で、プラグインインストール後に管理画面のユーザーあなたのプロフィールと移動後、画面下のほうにEdit Author Slugという設定項目があるので、その中のAuthor Slugから「custom」を選択して、任意の文字列を入力するだけ。

手順が済んだら、WordPressのURL末尾に/?author=1などと付けてアクセスしてみてください。投稿者アーカイブページにジャンプした時のURLの末尾が、プラグインで設定した任意の文字列に変更されているはずです。また、そこで表示される投稿者名もニックネームになっているのが確認できれば設定は完了です。