一般的なバックアップ/復元の方法

Thunderbirdでバックアップを行う場合、データが保存されているフォルダをバックアップ用領域(例えば外部のハードディスクとか)にまるごとコピーするのが一般的です。復元を行う場合は、そのコピーしておいたデータを元の場所にまるっと戻してあげる、という流れ。

この標準のバックアップ方法は、例えば「新しくパソコンを買ったから、そっちに以前のThunderbirdのデータ(フォルダ構成やメール)をまるごと再現したい」とか「使っているパソコンのThunderbirdのデータが飛んでしまった!もう一度これまでのデータ(フォルダ構成やメール)をまるごと復元したい」といったケースに向いています(もちろんフォルダごとのバックアップや復元も可能)。

今回ご紹介するバックアップ/復元方法の利点

ただ、たとえば「特定フォルダ内のメールだけ保存/復元したい」場合などにあまり向いていません。というのは、標準のバックアップデータは下図のようにメールサーバーごとに格納されるのですが、
標準バックアップ概要

フォルダを開いてみると、こんな感じにファイルが保存されています(Inboxは受信メール、Sentは送信メール、Trashはゴミ箱のデータ)。
標準バックアップ概要2

ちなみに上図のバックアップ元のメールアドレスですが、実はいくつかのフォルダにメールを仕訳しています。ただ、これだとフォルダごとのメールの確認ができません。なので、特定フォルダのメールのみ復元したい(または読み返したい)場合は、受信・送信フォルダ単位でしか復元できません(ローカルフォルダの場合は別)。

※たとえば仕事のメールの場合、年ごと・案件ごとにフォルダを作成してメールを仕訳するケースがありますよね

このような部分的なメールデータの保存/復元をおこなう場合は、拡張機能(アドオン)「ImportExportTools」 がオススメです。

ImportExportToolsアドオンの特徴

バックアップが簡単
Thunderbirdの画面内で、保存したいフォルダ上で右クリック→バックアップ先を選択、をおこなうだけでフォルダ内のメールが簡単にバックアップできる
復元も簡単
特定のフォルダ上で右クリック→復元したいデータを選択するだけでそのフォルダ内にメールが復元される。
メールを平文(プレーンテキスト形式)で保存できる
テキスト形式での保存もできる。テキスト形式の場合は、中身を確認する際にいちいちThunderbird側へ復元しなくても、その場でテキストファイルとして開いて確認可能(添付ファイルの確認もOK)。ただし、メールデータではなくなるのでThunderbirdへの復元は不可。

ImportExportToolsアドオンのインストール方法

Import Export Toolsへアクセスし「今すぐダウンロード」をクリックし、アドオンのファイルをPC上にダウンロードします。
01_importex

Thunderbirdの画面上部にある「ツール」→「アドオン」と進みます。
02_importex

アドオンマネージャ画面に移動するので、画面右上の「歯車マーク」をクリック→「ファイルからアドオンをインストール」と進み、ダウンロードしたアドオンファイルを選択してください。
03_importex

注意文が表示されますので、確認後に「今すぐインストール」をクリック。
04_importex

再起動を促されるので「今すぐ再起動」をクリックします。
05_importex

これで、Thunderbirdの設定は完了です。

ImportExportToolsアドオンの使い方

例えば、以下のように「とある案件」→「2014年」というフォルダ構造があったとします。「2014年」フォルダには1通のメールが入っています。
使い方_メール確認1

フォルダ内のメールデータをバップアップ/復元する方法

上記構造を前提に、「2014年」フォルダ内のメールを削除したり復元したりする方法についてご紹介します。

バックアップの流れ

例えば「2014年」フォルダに格納されているメールデータをバックアップする場合は、該当フォルダ上で右クリック→「ImportExportTools」→「フォルダをエクスポート」と進みます。zip形式で圧縮して保存したい場合は「zip圧縮形式」を選択しましょう。
使い方_フォルダをエクスポート1

続いてバックアップ先のフォルダ選択画面へ。バックアップデータを保存したいフォルダを選択します。
使い方_フォルダをエクスポート_保存

以下はバックアップ先フォルダの様子です。エクスポート方法を選択する際に「フォルダをエクスポート」を選んだ場合は「フォルダ名(以下では”2014年”)」というファイルで、「フォルダをエクスポート(zip圧縮形式)」を選んだ場合は「フォルダ名.zip(以下では”2014年.zip”)」というファイルで保存されます。
使い方_フォルダをエクスポート_保存結果

復元の流れ

「2014年」フォルダの中のメールを削除して空の状態にしました。ここにさきほどのメールを復元させてみます
使い方_フォルダをインポート00

「2014年」フォルダ上で右クリック→「ImportExportTools」→「emlファイルをインポート」と進みます。
使い方_フォルダをインポート01

インポートファイルを選択します。画面右下に選択するファイル形式の項目があるので、ここを「All Files」に変更→インポートするファイルを選ぶ→「開く」と進みます(zip形式ファイルの場合はあらかじめ解凍しておきましょう)。
使い方_フォルダをインポート02

インポート完了後。無事にメールが復元されました。ちゃんと添付ファイルも復元されていますね。
使い方_インポート結果

便利な使い方

このアドオンの利点は、バックアップファイル名を変更しても問題がない点です。たとえば、上記の「2014年」というバックアップファイルを下図のように「2014年_1月~6月」と変更しても、インポート時にはちゃんとメールが復元できます。もちろん、階層を変更しても問題ありません。これにより、バックアップデータを整理しやすくなる→復元する際に目的のデータが探しやすくなります。
使い方_応用

保存するメールデータの復元が必要ない場合は、以下のテキスト形式で保存する方法が便利です。

テキスト形式でバックアップを行う方法

テキスト形式でバックアップをおこなう場合は、該当フォルダ上で右クリック→「ImportExportTools」→「フォルダ内のすべてのメッセージをエクスポート」→「プレーンテキスト形式(添付ファイル含む)」と進みます。
使い方_エクスポート_テキスト

バックアップファイルは下図の通り。「メッセージ」と「index.html」が保存されていますね。
使い方_エクスポート_テキスト2

「index.html」で、バックアップされたメールリストが一覧で確認できます。
2014年

「メッセージ」フォルダ内のテキストファイルを開くと、メールの本文が確認できます。
使い方_エクスポート_テキスト3

「メッセージ」フォルダ内の「Attachements」フォルダにはメールに添付されていたファイルが格納されています。
使い方_エクスポート_テキスト4

このアドオンのお陰で、小単位のメールデータのバックアップが相当快適になります。冒頭でお話した標準のバックアップと併用して、大切なデータを万が一の時に備えておきましょう。