Jetpackのパブリサイズ共有機能のおかげで、WordPressと各種SNSとの連動が簡単になっている昨今。私も頻繁に利用しているのですが、よくお客様に聞かれるのが「どんな風に投稿されるの?」という点。Facebookはこうで、twitterはこうで、Google+だとこうです。なんて説明を言葉でしてもいまいちピンと来られない方が多い。

ということで、図で説明するのが一番と思い資料を作成したのでここにまとめておきます。WordPressでどのように投稿すると各種SNS(Facebook・twitter・Google+)でどのように表示されるのか。今後、皆さんがお客様に説明を求められた際のお役に立てればと思います。

各種SNSへ投稿される要素

各種SNSの投稿に反映される基本項目は、下図の赤枠のタイトル・本文(テキストや画像)の個所になります。
パブリサイズテスト

ちなみに、上記右側にピンク枠で囲まれたカスタムメッセージという項目がありますよね。ここには、タイトルフォームに入力された文字列と同じものが自動挿入されます。ただ、文字列は自由に変更可能です(上図では「ここはカスタムメッセージです。」という文字に変更してます)。

では、上記の内容で投稿を押した際の各種SNSの反映結果を見てみましょう。

twitterへ投稿される内容

twitterに投稿される内容は、カスタムメッセージと記事の短縮URLのみです。カスタムメッセージはデフォルトだと記事タイトルが自動で反映されるので、カスタムメッセージを変更していない場合はタイトル+短縮URLの形で投稿されます。
tw_result

Facebookへ投稿される内容

Facebookに投稿される内容は、カスタムメッセージ・画像・投稿元のサイト名(リンク付き)・URL(リンク付き)・本文です。
fb_analy

ただ、上記の画像(2番)と本文(4番)の個所は、「抜粋」「アイキャッチ画像」がある場合はそちらが優先的に表示されるようになっています。

例えば、抜粋をこのように入力して↓
excerpt

アイキャッチ画像にこのような画像を登録してみると…↓ eyecatch

画像がアイキャッチ画像へ、本文が抜粋へと差し変わりました。
fb_analy2

Google+へ投稿される内容

Google+へ投稿される内容もFacebookと同様です。カスタムメッセージ・抜粋(または本文)・アイキャッチ画像(または投稿画像)が以下のような配置で掲載されます。
g_analy

各種SNSで共通して表示される項目は?

ということで、twitter・Facebook・Google+で共通して表示されるのは「カスタムメッセージ」となります。ただ、twitterの場合は文字数制限が140文字なのでカスタムメッセージを手動で入力する際には注意が必要です。