カスタムシェイプの作成手順

簡単な図形からシェイプを作成

Photoshopを起動します。カンパスサイズは適当で構いません(シェイプはサイズを大きくしても小さくしても歪まないので、必ずしも原寸大で作成する必要はありません)。

カスタムシェイプにしたいオブジェクトを作成します。以下は、逆三角形のシェイプの例です。

シェイプにしたいオブジェクトを選択範囲として選択します。「ctrl」を押しながらレイヤーのサムネイルをクリックすると簡単です。

オブジェクトを選択できたら、その状態のまま次に選択ツールを選んでください。

選択ツールを選んだ状態でカンパスの上で右クリックすると、「作業用パスを作成」という項目が表示されるのでそれをクリックします。

「作業用パスを作成」ウインドウが表示されます。許容値は0.5~10.0ピクセルで設定します。値が大きいほど、パス(輪郭)の描画に使用するアンカーポイントが少なく滑らかな輪郭になります。形状によってはジャギジャギした感じになるので、値をいろいろと試してみて、その形状での最適な数値を見つけてください。

値が決定したら「OK」をクリックします。そのあと、パスウィンドウを開くと、今作ったオブジェクトのパスが作成されているはずです。

確認が出来たらPhotoshopの上部タブメニュー「編集」→「カスタムシェイプを定義」をクリック。

シェイプの名前をつけて「OK」をクリックすれば完了です。

これで、カスタムシェイプからいつでも作成したシェイプが使えるようになります。