Thunderbirdのバックアップ方法

キーボードの「Windowsマーク」を押しながら「R」を同時に押します。ファイル名を指定して実行というウィンドウが立ち上がるので、名前の欄に「%APPDATA%\Thunderbird\Profiles」と入力して「OK」をクリックします。

Thunderbirdの全データが収納されている「********.default」というフォルダが表示されますので、これをUSBメモリや別HDDなどに保存しておく。たったこれだけでバックアップは完了です。

Thunderbirdの復元方法

復元の方法もバックアップ同様に簡単です。

キーボードの「Windowsマーク」を押しながら「R」を同時に押します。ファイル名を指定して実行というウィンドウが立ち上がるので、名前の欄に「%APPDATA%\Thunderbird\Profiles」と入力して「OK」をクリックします。

「********.default」フォルダが表示されます。この時、バックアップしてあるフォルダと名前が同じかどうかを確認してください。名前が同じ場合は、以降の「フォルダ名が同じ場合の復元方法」の手順へ進んでください。名前が違う場合は以降の「フォルダ名が違う場合の復元方法」の手順へ進んでください。

フォルダ名が同じ場合の復元方法

フォルダ名が同じ場合は、バックアップデータじゃないほうのフォルダ(今、PCに存在するフォルダ)を削除します。

削除できたら、バックアップしておいたフォルダをそこへ入れ直します。これで復元の完了です。以降の「確認」へ進んでください。

フォルダ名が違う場合の復元方法

フォルダ名が違う場合、バックアップを行った後にThunderbirdを再インストールしたか、そのバックアップデータは別PCのThunderbirdのデータのはずです。その場合は、PCにあるフォルダは一旦、そのままにしておいてください。そして、バックアップしておいたフォルダを新たに追加します。

フォルダを追加したら、URL欄の「Thunderbird」をクリックして1つ上の階層へ。

「profiles.ini」というファイルがあるのでそれを開きます。

「Path=Profiles/********.dafault」という文字列があるので、そこの文字列をバックアップデータのフォルダと同じ文字列に変更します。

元々PCにあったフォルダ(バックアップデータじゃないほうのフォルダ)を削除します。これで復元の完了です。

確認

最後に、Thunderbirdを再起動させてデータが無事に復元できているかどうかを確認します。メールデータ、アカウント情報、アドレス帳など全てのThunderbirdのデータが反映されているはずです。