広告やアクセス解析での無駄なPVをカウントさせたくない

私は普段、さくらエディタで記事をまとめて、それをWordPressに入力→プレビューで確認→問題なければ公開という流れなのですが、場合によってはプレビューを頻繁に使って微調整することもあります。

そんな時に気になるのが、プレビュー時のAnalyticsやAdsenseの読み込み。プレビューをカウントさせたくないスクリプトがある場合は、プレビュー時は実行しないようにしておきたいですよね。それに自分のプレビューがPVにカウントされてしまうのはちょっと気持ち悪い感じがします。そんな時に活用したいのが、「is_preview」という条件分岐タグです。

プレビュー用の条件分岐タグ「is_preview()」

WordPressには、プレビューかどうかを判定する条件分岐タグ「is_preview() 」というものが用意されています。これを使って、「もしも、プレビューじゃなければ○○する」というようにしてあげれば、プレビュー時に特定のコードを読み込ませなくて済みます。

実際にコードを書く場合は、

<?php if(!is_preview()): ?>
	プレビュー時に読み込ませたくないコードを記述 (広告や解析タグなど)
<?php endif; ?>

のように書きます。

is_previewの先頭に「!(ビックリマーク)」がありますが、これはその条件を否定する記号で「プレビューと”等しくなければ”」という意味です。こうすることで、プレビュー以外のみ実行することが可能になります。

逆に、もしもプレビュー時のみ読み込ませたいコードがある場合は「!」を取って記述すればOKです。そういう場合には

<?php if(is_preview()): ?>
	プレビュー時に読み込ませたいコードを記述
<?php endif; ?>

と書きます。そういう状況があまり思いつかないですが参考になれば幸いです。