WordPressの引越し

WordPressのインポート・エクスポート機能について

WordPressにはインポートとエクスポートという機能がありますが、これは「今使っているサーバー内でのバックアップ→復元」向きなので、新しいサーバーに環境を丸ごと復元するには向いていないんですよね。

仮に、このインポートとエクスポートを使って新しいサーバーに環境を復元するには、WordPressをインストールしなおして、カテゴリーとパーマリンクを設定しなおして、プラグインも入れなおして…と、ほぼ新規インストールと同様の流れを踏む必要があります。ましてや、プラグインの再インストール&再設定に関しては、ボリュームに応じて作業量も比例します。

簡潔に引越し・移転するのであれば、WordPressのファイルとデータベースを丸ごと移す方法がお薦めです。この方法なら、WordPressをインストールしなおす必要も、パーマリンクを設定しなおす必要も、プラグインをインストールしなおす必要も一切ありません。以下に、私が実際に移転を行った際の手順をご紹介します。

WordPressの引越し ~ 準備 ~

WordPressファイルのバックアップ

まずはじめに、サーバーからローカル上へWordpressを構成する全てのファイルをダウンロードします。

ダウンロードが完了したら「/wp-config.php」を開き、データベース名・ユーザー名・パスワード・ホスト名を確認してください。そこに記載されている情報を元に、今使っているphpMyAdminへログインします。

ログインできたら、左のリストからWordPressで利用しているデータベースを選択します。ちなみにinformation_schemaという名のデータベースもあるかと思いますが、これはMySQLサーバー用のデータベースなのでスルーしておきましょう。

WordPressで利用しているデータベースを選択できたら、表示されているテーブルの一覧を確認してください。そのデータベースが本当にWordPressで利用されている場合、各テーブル名の先頭に見覚えのある文字列(接頭辞)が付与されているはずです。

※ちなみに接頭辞ってコレです↓

接頭辞の確認が出来たら、テーブル一覧の上にある「エクスポート」タブをクリックしてください。

エクスポートの設定画面に移動します。エクスポートするテーブルが全選択されている状態(グレー)であることを確認したら、その下にある「SQL」を選択。続いて右側の「構造」にチェック、その直下の4つ(下図の通り)にチェックを入れます。

続いてその下。「データ」「完全なINSERT分を作成する」「長いINSERT分を作成する」「BLOBに16進数表記を利用する」にチェックを入れます。更にその下、「ファイルに保存する」「”zip”形式」「non」にチェックを入れたら、最後に「実行する」をクリックしてローカル上にデータベースをエクスポートします。

これで、新サーバーへの移転準備が整いました。次からは実際に新しい環境へファイルやデータベースをアップロードする作業になります。

WordPressの引越し ~ 移行 ~

ファイルの移行

さきほどwp-config.phpで確認した内容(データベース名・ユーザー名・パスワード)を元に、移転先のサーバー側に新しいデータベースを作成します。

新しく作成したデータベースの情報をwp-config.phpへ記述します。

wp-config.phpを新しい情報に書き換えたら、ローカル上にあるWordPressの全ファイルを新しいサーバーへアップロードします。ファイルのアップロード完了後、新サイトへアクセスしてみましょう。wp-config.phpの書き換えた内容が正しければ、以下のようなページが表示されます。

上記のようなインストールの画面が表示されない場合は、wp-config.phpに記述した内容や、アクセスしたURLが間違っている可能性がありますので、もう一度確認してみてください。

無事にインストール画面が表示されたら、その画面では何もせずに次のデータベースの移行作業に進んでください。

データベースの移行

今回のサーバー移転でドメインが変更になる場合は、さきほどエクスポートしたデータベースの書き換えも必要です。データベースを書き換える場合は、zipを解凍→フォルダ内のsqlファイルを「秀丸エディタ」や「サクラエディタ」で開きます(Dreamweaverで開くとたぶん固まるのでやめたほうがいいです)。ドメインの変更がない人は、アップロードの工程に進みます。

解凍したフォルダ内のsqlファイルを開いたら、古いURLの個所を全て新しいURLに変更します。一般的には一括置換で「aaa.com」→「bbb.com」のようにいけるはずですが、各々の環境によってやり方は異なりますので、必ずsqlファイルはコピーしてから編集を行うようにしましょう

sqlファイルの書き換えが完了したら、もう一度zip圧縮を行います。

※ドメインの変更がない人は、ここからの作業になります↓

(ローカル上にエクスポートしておいた)データベースの圧縮ファイルを新データベースへインポートします。新しいphpMyAdminへログインし、画面左から新規に作成されているデータベースを選択してください。

画面が遷移したら、「インポート」タブをクリックし、ローカルにエクスポートしておいたデータベースの圧縮ファイルを選択。続いて、その下の”インポートするファイルの形式”が「SQL」であることと、その下のエンコーディングの項目が「non」であることを確認したら「実行」をクリックします。

インポートが完了したら、

再度、新URLにアクセスしてください。さきほどはインストール画面が表示されていましたが、データベースが正しくインポートされた後にアクセスすると、サイトが表示されます(正常に表示されない場合は、データベースのインポートや書き換えが正しく行われていないか、ページのキャッシュ等が考えられます)。

無事に表示されたら、ほかのページにも移動してみましょう。レイアウトが崩れる場合は「ctrl」+「F5」をクリックしてください。リフレッシュされて正常になるはずです。