vcredist.bmpって?

一時ファイルだそうです

何だろうと思って調べてみると、Microsoftサポートにしっかりと今回のファイルについて書かれていました。『Visual C++ 2008をインストールする際に生成される一時ファイルだよ』と。いやいや、そんなものインストールした覚えはないんですけど…。

ウィルスなどの悪いファイルではないので安心して大丈夫なんですが、どういう経緯で生成されたのか気になるので更に調べてみると、XAMPPやらOpen Officeやらをインストールする時にも同様の症状があるみたい。「あ~なるほど、それ系のソフト絡みなのね。」ってことで簡単に納得。

で、さきほどのMicrosoftサポートに書かれていた、

These files are unnecessary and can be safely deleted from the system.

(これらのファイルは不要だからシステムから削除しても大丈夫)という言葉を信じてファイルを全て削除しました。削除したファイルは以下24ファイルです。

その後は何の症状も出ていませんので、これで解決だと思われます。